ブルーベリーヒル勝浦は、二十万坪(東京ドーム13個分)の自然の中にあるホテルです。

園内は、ブルーベリーや様々なハーブなどの野菜が栽培されていたり、
馬、山羊、うさぎ、鳥たちも一緒に暮らしています。
美しい夕日や星空が見れたり、新しい命の誕生があったり、絶景あり、感動ありの出来事が
ダイナミックに日々繰り広げられています。

ここで体験できる魅力の数々を、フォトギャラリーにしてお届けいたします。
ブルーベリーヒル勝浦の今をお楽しみ下さい。

センタープレイスからの景色

AМ4:30の景色です。朝から湿度が高く、濃い霧が発生していました。

梅酒つくり その3

梅の実と氷砂糖を入れたビンに、度数が高めのアルコールを注ぎます。約3カ月以上熟成させると飲みごろをむかえます。

梅酒つくり その2

収穫した梅を良く洗い、氷砂糖と実を交互にビンに詰めます。

梅酒つくり その1

梅の実を収穫しました!中には、こんなに大きな実もありました。

動物触れ合い広場の仔ウサギ

少しずつ大きくなってきましたが、まだ小屋の外に出るのは怖いようです。目が合ってしまいました!

センタープレイスからの景色

早朝の、AМ4:15の景色です!朝焼けと梅雨の時期特有の重い雲が、なんとも不思議な紫色をしていました。

ハーブガーデン

ダイヤーズカモマイルが開花しました!この時期から一斉に咲き始め、鮮やかな黄色が目を惹くハーブです。

ハーブガーデン

デイリリーが開花しました!花が朝開き、夕方しぼむことから「一日」と「美しい」の2つが、その名の由来とされています。つぼみや花は食べられます。

センタープレイスからの景色

梅雨時の貴重な晴れ間を撮りにカメラを向けると、明け方とは逆方向に長い影が伸びていました!

6月20日のブルーベリー

まるまると大きな実が育っています!収穫は7月下旬の梅雨明け以降になります。

4年に1度の大会

ワールドカップ 日本vsオランダ戦を、ご宿泊のお客様と応援しました!!

ハーブガーデン

ラムズイヤーが開花しました!背丈も約80センチほどに伸び、茎の先端に紫色の小さな花をつけます。

ハーブガーデン

別名「魚のハーブ」とも呼ばれるほど、魚料理との相性が良いとせれています。サーモンのマリネが代表的ですが、新鮮なうちが香りが良く使いやすいハーブです。

ハーブガーデン

ベルガモットが開花しました。和名は、その形状から「松明花(タイマツバナ)」と呼ばれます。若い葉はサラダ等にも使用できます。

動物触れ合い広場の仔ウサギ

生後3週間弱で、ここまで大きくなりました!小屋に潜り込んで撮影すると、フラッシュに驚いた様子でした。

梅の実

2010/06/14

梅の実

数こそ多くはありませんが、大きな実になりました。収穫間近です!

ハーブガーデン

ワイルドフィーバーフューが開花しました!和名は「夏白菊(ナツシロギク)」で、かつては偏頭痛をやわらげる薬としても用いられたハーブです。

6月11日のブルーベリー

梅雨入り順調に実が膨らんでいます!

センタープレイスからの景色

ホテルフロント前、駐車場の生垣のアベリアです!今年は例年以上に、ピンク色の花をつけました。

アヒル

2010/06/08

アヒル

4羽仲良く移動中です!エサをもらえないとわかると離れていってしまいました。

最近の写真